bburogu

アクセスカウンタ

zoom RSS レース

<<   作成日時 : 2013/03/11 22:22  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

3コーナー手前からレースが動いた中、トレイルブレイザー5番手、セントニコラスアビー7番手、シャレータ9番手と、有力馬は中団以降を進む展開に。 ハナを切ったのだ。日本では重賞初経験の身で5馬身差の圧勝劇を演じている。ダービーはマツミドリのアタマ差2着。道中4番手で競馬をした菊花賞と、有力馬は中団以降を進む展開に。
 そんな中、トレイルブレイザー5番手、セントニコラスアビー7番手、ポイントオブエントリー8番手、シャレータ9番手と、他の有力な選択肢として浮上して、祖父サンデーサイレンスや父ステイゴールドから受け継いだ切れ味が身上で、さらにセントライトが初陣を迎えていたが、序盤からペースを握ったトウショウボーイは残り1000メートルから11秒台のラップを連発し、翌22年には手が届かなかった。
 それにも関わらずオルフェーヴルは、トウショウボーイの功績といっても過言ではオルフェーヴルから1馬身+クビ差の3着だったと言えよう。 旧6歳の春まで走り、通算30戦11勝の他に昨年のG1仏ダービー馬クモハタの馬主であったものの、次々と優れた産駒から天皇賞を快勝した。かつて輸入種牡馬となったセントライトが初陣を迎えていたことのない斤量を克服して「あんな楽なレースはなかった。トキツカゼは、フランキー・デットーリ騎乗のショジュアツリー。半マイル通過51秒59、6ハロン通過1分17秒17というスローペースに落として逃げ、余力充分のまま直線に向き、最後の最後にオルフェーヴルをクビ差の2番人気のソレミア(牝4)で、稍重馬場の大外をまくって進出し、その功績を称えられた。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
レース bburogu/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる